消費者が「味ぽん」に持つイメージは?

ajipon001

これ、ご存知ですよね。ミツカンの味ぽん。管理人宅にも常備しています。あなたは、味ぽんにどんなイメージがありますか?以前、ミツカンが市場調査した結果、消費者が味ポン抱いているあるイメージがわかったそうです。それは、売り上げを左右するほど大切なものだったんですが、そのイメージとは次の3つのうちどれでしょうか?

  1. 家族団らん
  2. 健康志向

広告

崩せないブランドイメージ

正解は1)の家族団らんです。3)のイメージもあるでしょうが、ミツカンは冬場、鍋の季節だけしか売れなかった味ぽんを何とか通年商品にしたいと考え、冷奴や焼き魚などメニュー提案したところ受け入れられ、通年売れる商品になったとのこと。

ところが、核家族化がすすんだ90年代、時代の変化にあわせて家族団らんのイメージを壊そうとCM展開をしたところ、返って売り上げが落ち込んだとのこと。

ネタ元はこちら、wbs 20150722放送分(ロングセラー研究所)より

家族団らんというイメージを大事にしつつ、味ぽんを使って減塩しましょうという健康志向の提案で、今は展開しているとのこと。

イメージが違う

今までに、あなたもイメージが違う。。。と思って受け入れや購入をためらったことってないですか?恋人、飲食店、その他商品など。。。翻って、自分が扱う商品、または自分自身のイメージって何か?と考えると、ビジネスやコミュニケーションがうまくいくヒントになるかもしれません。

感謝:写真はflickrより引用しました。Tamaki Sonoさん、素敵な写真をありがとうございます。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ