子供用安全ドアロック、リアシートの倒し方など

日産デイズを購入して、取扱説明書をパラパラと読んでみました。
気になったところがあって、実際にチェックしてみました。

これって、結構大事だし面白いです。
ひょっとして、確認しなかったら、全然知らずに過ごした機能かもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャイルドセーフティドアロック

ドアを指定してのロック

チャイルドセーフティドアロックというシステムがあります。
子供さんが小さくて、操作を誤ってドアを開けてしまい、飛び出してしまう
などという事故を防ぐためだと思われます。

その機能としては、内側からはドアが開かないけど、
外側からは開けられるというものです。

dayshowtouse002dayshowtouse003

リアシート(後ろ)側のドアのこの部分に、スイッチがあります。
これを→の方向に入れて、ドアを閉めます。

dayshowtouse004dayshowtouse005

こうすると、内側からは開かないけど、外側からはドアが開けられるようになります。
緊急で内側から開けたい場合は、窓を下げて外に手をまわして、
外からドアを開けるようにする仕組みです。

これは左右両扉、どちらにもついています。
お子さんを運転席後ろに座らせるときなどは便利な機能ですね。

運転席横のロックスイッチ

fukuokaa020

運転席の右には、ロックスイッチがあります。
これは、押すと沈み込みますが、この状態では運転席以外の窓が開かないです。
ドアは開けることができます

もう一度押すと解除になります。


google広告

シート調整スイッチ、関連

高さも変えられる

dayshowtouse009dayshowtouse010dayshowtouse011

これは運転席のシートです。管理人が単に知らなかっただけなのですが、
赤丸のダイヤルを回すと、シートの高さが変えられれます。(若干ですが)

背もたれを倒したり、前後に移動させる方法は知ってたんですが、
これは知りませんでした。

アームレストがある

dayshowtouse012dayshowtouse013

アームレストがあります。助手席との間に

リアシートの倒し方

dayshowtouse014dayshowtouse015dayshowtouse016dayshowtouse017

リアシートは、このレバーを倒したまま、前に押すと倒れます。
大きな荷物を入れる時は便利ですね。

さらに後部座席のシートの角度を変える時も、このレバーを使います。

dayshowtouse018

後部シートを前後に移動させるときは、このレバーを使います。

ヘッドレストの高さ調整

dayshowtouse019dayshowtouse020dayshowtouse021dayshowtouse022

ヘッドレストは、この横のスイッチを押せば上に上がります。

dayshowtouse023

こうやって引き抜くこともできるんですよ。

エアバッグ

エアバッグは、できれば使いたくない機能ですが、
いざという時の安全を守ってくれる大事な機能です。

dayshowtouse006dayshowtouse007

いざという時は、こうやって守ってくれるんですね。
大事なことは、助手席のダッシュボード上に荷物を置かないことです。

dayshowtouse024

この部分に芳香剤などのアクセサリーをつけてはいけません。

バックミラー

デイズについた、一つの目玉機能「アラウンドビューモニター」ですが、
この機能はオフにすることもできます。

例えば、通り沿いのお店の前の駐車場に頭から車を入れて、
バックで、通りに出るという時は、アラウンドビューモニターはかえって邪魔な時があります。

そんなときに使える方法です。

アラウンドビューモニターを切ることができる

dayshowtouse025

ギアをバックに入れているので、アラウンドビューモニターがついた状態です。

dayshowtouse026

っで、この真ん中のスイッチを一度押すと、赤丸部分の表示が変わっています。
ちょっと分かりにくいですが、いわゆる天から見た映像から、後ろを見た映像に変わっています。

dayshowtouse027

さらに、もう一度押すとアラウンドビューモニターそのものが消えます。
これは、知っておいたほうが絶対損がないと言えると思います。


あなたにあった自動車保険をできるだけ格安で探す

自動車保険は人によってさまざま。同じような保険内容でも値段が全然違う!ということも少なくありません。そこで、一括見積がおすすめ。「価格.com自動車保険」『保険の窓口 インズウェブ』なら、有名保険会社さんの保険見積もりを一度に取ることができます。(管理人おすすめで長く実際に加入しているソニー損保も、もちろん入っています)

5分ほどで終わります。保険の継続手続きの時と同じように、免許証と現在加入中の自動車保険証券(はじめて自動車保険に入る方は車検証)を用意しておくとスムーズです。

価格.com 自動車保険
google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ