コーヒーを飲むのに損しない。セブンイレブン、マック、スタバ比較

先日、セブンイレブンがコンビニ店舗内にセルフ式のカップコーヒーを置くと発表しました。
管理人は、コーヒーを飲まない日はありません。

インスタントなのか、コンビニなのか、カフェなのか、喫茶店なのか。。。
それは、その日によって違いますが、365日飲まない日はまずないです。

せっかく飲むのなら、シチュエーションにあったコーヒーを飲みたい。
またリーズナブルにいただくことで、お値段的にも損しないと行きたいところです。

 

セブンイレブンのコーヒー、飲んでみました

店内にドリップマシンがあるので、それで飲む形式。
レジでカップを買って(レギュラー100円、ラージ150円)
セルフでボタンを押していただきます。

飲んだ感想は、、、そうですね。。。
マクドナルドのほうがちょっと美味しい。


広告

比較してみた

あくまでも管理人の個人的な意見ということで。。。
コーヒーをいただく場合、ポイントは味、値段、場所の3つが大事と言えるでしょう。

販売場所 味点数 値段 場所
スターバックス店舗 10点 300円前後から 店舗でゆったり
(サードプレイスがミッション)
スターバックスインスタント 9点 一杯100円くらいから 店舗なし
セブンイレブン 5点 1杯100円から 店舗なし
マクドナルド 6点 100円 店舗あり
マックカフェ 9点 220円から 店舗あり

これは、値段と場所とを考えて、どれがベストかは人によって違うと思います。
仕事をするなら。。。管理人ならマックカフェを選びます。

スターバックスのwifiは無料ですが、なかなかつながらないという印象を持っていますので。

あと、セブンイレブンのスイーツは、格安でそうとう美味しいですので、これも比較の対象になるという人も多いでしょう。

 

wbsで紹介

コーヒー新潮流「100円以下」も・・・ワールドビジネスサテライト 2013年1月28日(月)放送分

番組の内容メモ
・店内で販売するコーヒーの新ブランド「セブンカフェ」
・本格コーヒーで、ロゴも新しくデザイン。担当は佐藤可士和さん。
・ドリップマシンのデザインも佐藤さんが行ったとのこと。
・先行店舗はすでに2000店。8月には全国1万5千店に拡大予定
・導入したお店では、調理パンの売上が30%アップしたとのこと
・セブンイレブンの井坂社長「一つのマグネット(お客様をひきつけるコンテンツ)になると思う」
・今後は、イトーヨーカドー、デニーズなどのグループ各社にも導入していく予定。

コーヒーが集客のポイントになっているということから、競争が激化しているとのこと。
消費者である我々にとってはうれしいことだと思います。
比較して上手に選ぶのが損しないポイントでしょう。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ