花粉症と雨、水の知識

この春の時期に困りもの花粉症。
管理人は、幸い症状が軽いのですが、家族が、くしゃみや鼻水で大変な思いをしています。

先日、テレビを見ていて、花粉と雨、水の知識について興味深い話があったので
ご紹介します。まず、花粉の知識をつけて損しないために

kafunshou001

写真はfickrより引用しました。typexnickさんの作品


google広告

雨、水で花粉がはじける!

花粉症マスク術&激やせ床ずれを招く謎の病・・・ためしてガッテン 2013年02月13日放送

晴れの日で花粉が飛んでいるとの予報が出ているときよりも、
雨の日or雨の翌日に症状がひどいことってありますよね。

っで、その原因はこれかな。。。と思えたのが上記、NHKのためしてガッテンの番組内容なんです。

雨の日の次の日のマスクは厳重に

(番組の内容を管理人がメモしたもの)
・花粉の鼻や口への侵入は、マスクでかなり防げる。たとえ隙間があっても(マスクと体とに)その粒子の大きさ(花粉粒子)のために途中で引っかかる。
・しかし、雨の日と次の日は、ゆるくマスクをしていても防げない。 スギ花粉に水を加えると、割れて砕けて、ウィルスサイズの粒子になる。これもアレルギー物質になる。 つまり小さな破片の量は雨の次の日に多い。
・特に道路際の側溝は雨で流された花粉がたまりやすいので特に注意。
・そこで、雨の日、翌日、翌々日ぐらいは、ウィルス対策並みに厳重にぴったりフィットマスクを心がける。

 

つまり、花粉に水が加わった次の日は要注意!ということです。
でも、同じ水、花粉つながりでこんなお話もありました。

 

室内の花粉掃除は水を利用する

花粉症を乗り切るお掃除法・・・健康カプセルゲンキの時間 2013年02月17日放送

ご自身も花粉症でお悩みで、家の掃除を工夫することで花粉症を乗りきった女性のお話。
(以下、管理人がメモした番組内容)
・花粉症の症状はとにかくひどかった。涙、鼻水が24時間続く。普通の生活ができないくらい。
・花粉症の掃除で最初にやるのが、加湿器をつけること。ほこりはいつまでも中を舞うが、花粉はスーと落ちる。これは水分のせい
・最初に掃除機をかけるのではなく、ウェットシートや濡れた雑巾で花粉をふき取る。掃除機だと、中に花粉が舞い上がる。畳も同じ考え方、固く絞って畳の目に沿ってふき取る。
・最後に掃除機をかける。掃除機は持ち上げてかけるとよい。排気で花粉が舞い上がるのを防ぐため。
・換気をする時は、まずサッシの花粉を取り除くため、水で洗い流すとよい。

 

ちょっと、上の話と比べて意外だったのが、花粉を除くために水を今度は利用するということ。
加湿器で空中の花粉を床に落として丁寧にふき取る。
そして、サッシにたまりやすい花粉を水で洗い流すこと。

よかったら、リンク先のページも確認してみてください。
それにしても、やっかいですね。。。花粉。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ