自動車事故で冷静に対応するために、ソニー損保の事故対応の感想

自動車を運転されるあなたは、任意保険に入られてますよね。
管理人は「ソニー損保」さんの自動車保険に長年お世話になっています。

今までは、契約の更新と料金の振り込みのみで、
長年、実際にお世話になったことはありませんでした。

しかし、図らずも先日事故に遭遇してしまって、お世話になることになりました。
事故対応の体験談を書くのは、あまり気の進まないことですが、
いざ、事故に遭遇してみると、動揺したり冷静になれなかったりするものです。

あなたも、対応を頭の中でシミュレーションしていただき、
もしもの時のために備えていただきたい。
そんな思いから、この記事を書くことにしました。

 

交差点の出会いがしらの事故

管理人が事故したのは、交差点での出会いがしらの事故でした。
幹線道路(県道の対向2車線)に対して、ちょっと斜めに切れたような交差点で、
見通しが悪かったんです。

しかも、歩道にちょっと、奇抜な格好をした方が、
フラフラしながら、交差点に向かっていたのも目に入って、、、
事故につながったのかもしれません。

管理人の車は左前が。お相手の車は右側面が故障する格好になりました。
幸い、どちらのドライバーにも同乗者にもケガがなかったのが不幸中の幸いでした。

事故があった場合は、まずはケガ人の手当て。
安全な位置まで、車を移動させたり、人を運んだりすることが大事。
これは、自分が当事者ではないとしても協力したいものです。


広告

警察への電話

次に警察へ電話します。これは110番でいいです。
事故の場所や状況を聞かれますので、ふーっと息を落ち着かせて、
務めて冷静に答えましょう。

それから、保険会社さん。管理人の場合は「ソニー損保」さんへの連絡になります。
管理人は電話番号を知らずに、104にかけましたが、

0120-303-709 に電話します。
(携帯からでも電話できます)

事故対応ページ ・・・ソニー損保

警察の方が来られたら、免許証、自賠責保険、車検証を見せるように言われます。
これらは、常に携帯しておくことが大事。
免許証は財布の中など携帯していると思いますが、車検証や自賠責保険は
車に積んでおくといいかもしれません。

ついでに「ソニー損保」などの任意保険証も積んでおくと、
ご自分が入っていた保険内容などがすぐわかるので便利ですよ。

それと、蛇足情報をもう一つ。警察は事故に関して、道路や車の状況などから
書類を作成しています。おそらく、事故報告書のようなものでしょう。

あなたに覚えておいてほしいのは、
保険屋さんは、この情報(警察が調べた情報)を見ることはできません。
あくまでも、あなたからの申告内容が、
事故の全容を知る全てになります。


あなたにあった自動車保険をできるだけ格安で探す

自動車保険は人によってさまざま。同じような保険内容でも値段が全然違う!ということも少なくありません。そこで、一括見積がおすすめ。「価格.com自動車保険」『保険の窓口 インズウェブ』なら、有名保険会社さんの保険見積もりを一度に取ることができます。(管理人おすすめで長く実際に加入しているソニー損保も、もちろん入っています)

5分ほどで終わります。保険の継続手続きの時と同じように、免許証と現在加入中の自動車保険証券(はじめて自動車保険に入る方は車検証)を用意しておくとスムーズです。

価格.com 自動車保険

自動車事故で保険を利用した・・・関連リンク

実際に体験した事故の状況、警察への連絡

ソニー損保、自動車保険会社への連絡

過失割合のお話

事故でやりとりした書類

ネット自動車保険のメリットデメリット

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ