初めての赤ちゃん、お風呂に入れる時、覚えておいて損しないこと

今回は、パパになる、ママになるという人向けの損しない情報記事。
先日、関西のテレビ番組「ウラマヨ」という番組で、赤ちゃんのお風呂の入れ方というか、沐浴について紹介されていました。


広告

知っておいて損しない、赤ちゃんのお風呂の入れ方

一緒にお風呂に入るというより、小さなお風呂で体を洗って拭いてあげる、そのやり方という感じで紹介されていました。ブラックマヨネーズの吉田さんが、新米パパになったので、挑戦という感じで、人形を使ってトライされていました。

1)裸になったとき驚かないように布をかけてあげる

babeymokuyoku001babeymokuyoku002

裸になると、確かに大人でも不安になりますよね。布をかけてあげると、赤ちゃんも安心するそうです。

2)お湯に入れる時は、耳に水が入らないように親指と中指で両耳をふさぐとよい

babeymokuyoku003

言われないと気付かないですよね。

3)布を急にとると不安になり泣き出すので、そっと布をとる

4)顔を拭くときは優しく 同じ面でなくこまめに面を変えて、きれいな面でふく

5)背中を洗う時は脇に手を入れて胸が安定するように腹這いにする

babeymokuyoku004

6)水分を取る時は、ゴシゴシ拭かずにポンポンと押さえるように水分を拭き取る
赤ちゃんの肌は、すごくデリケートというお話をされていました。優しく拭いてあげるのがポイントのようです

プレパパというキーワードが有効

ウラマヨは、企業さんを紹介するという番組で、この日はアカチャンホンポさんの特集だったんです。

沐浴以外にも、新米パパにはちょっと注目のイベントが、プレパパ・ナイトツアーというもの。これは、妊婦体験ジャケットで妊娠中の女性がいかに体に負担がかかるかとか、子育ての大変さを前もって知っておこうというもの。

ブラマヨの小杉さんも、「テレビでは見たことあるけど、どこでやってるか分からなかった」とおっしゃっていましたが、アカチャンホンポさんでもされてるんですね。

また、管理人が調べた限りでは、「プレパパ」という検索ワードが有効なようです。「プレパパ 福岡」などで調べると、自治体などが主催しているイベントがあります。ぜひ、試してみてください

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ