白シャツの汗じみ、黄ばみを落とす

衣替えの季節。昨年活躍してくれた無印良品の白シャツを出したところ。。。

kibamisentaku002kibamisentaku001

黄ばみ、汗じみが。。。
ちょっと、写真では見にくいけど分かっていただけるでしょうか?
(画像の明るさとか、コントラストを少し変えて、汚れが見えるようにしています)


google広告

洗剤に求められること2つ

管理人が、この黄バミを落とすのに使ったのはこれ。

kibamisentaku004kibamisentaku003

ジャーン!花王のニュービーズです!!!
って宣伝みたいですね。

後述しますが、洗剤に求められる大事なことは、以下の2つだそうです。

  1. 酵素が入っていること
  2. 漂白剤が入っていること

ニュービーズは、両方入っている。
しかも、家で使っていたので経済的と、2つの点からこの洗剤を使いました。

黄バミを取った方法

kibamisentaku005kibamisentaku006

方法は簡単。まず、40度くらいのぬるま湯を用意。
こんな感じで、襟をつけます。ちなみに40度というのは酵素が働きやすい温度だそうです。

kibamisentaku007

洗剤はこのくらい。

kibamisentaku008

直接、ふりかけるような感じでお湯に溶かして、

kibamisentaku009

ついでに袖もつけておきました。
っで、すそは上にかぶせるような感じで、一日つけておきました。
この、つけておくという操作が大事みたい。

kibamisentaku010

っで、普通に洗濯をしたらきれいな白シャツに戻りました。

あさイチで紹介されてた方法

実はこの方法、あさイチというNHKの番組で紹介されていた方法なんです。

スゴ技Q “四大お悩み”一挙解決! 秋の衣がえ NHK あさイチ

番組では、黄ばみになる前。タンスにしまう前に、上記のような付け置き洗いをすることが、
おすすめされていました。
黄ばみになってしまうと、取るのは厳しいけど、上記のような方法で洗ってみると、いいと思うとのことでした。

洗剤を混ぜるのは、止めたほうがいい

大切なのは、酵素と漂白と書いたので、洗剤を足せばいいのでは?
という考えは、やっぱりやめたほうがいいですね。

参考:漂白剤 – Wikipedia

実際は、酸性洗剤と漂白剤で塩素という猛毒が発生する危険がある可能性があるということ。
アルカリだったら大丈夫だけど、普段酸性かアルカリかを意識して
洗剤を買うことのほうが少ないと思います。

花王株式会社 製品Q&A 洗たく用洗剤の種類と選び方は?

花王さんの場合、このようにラインアップの中で、
洗剤の特徴を伝えていますので、このような使用法の時は、ニュービーズなどの洗剤を選んだほうがいいのかもしれません。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ