クレジットカードを初めて作るのに比較する。エクセルを使って自分にとって大切な条件を再確認するのにおすすめ

この春から環境が変わって、クレジットカードを作る人は少なくないと思います。ところで、初めてカードを作るのにあなたにとって必要な条件って何でしょうか?

こんな時、表計算ソフトほど素晴らしいツールってないと思います。代表的なマイクロソフトのエクセルを使って考えてみます。


広告

「クレジットカード 初めて」で検索すると

検索エンジンで「クレジットカード 初めて」で検索すると、たくさんのサイトが出てきます。興味深いのが、サイトによってすすめているクレジットカードが全然違うということ。これは、どれを選んでも大差ないことを意味しているのか?それとも、ほかの理由があるのか?はわかりません。

とりあえず、3種類ほど選んでみました。どれも聞いたことがあって、あーこれ知ってるとかいうカードだと思います。

クレジットカードを選ぶ基準条件を再確認する

  1. カードを使える場所が多いか?
  2. 手数料が少ない。できれば無料。年会費もそうだし、リボ払いならやめる(というかできたら避けたいところ)
  3. 貯めたポイントを使える場所は多いか?又は少なくても自分が頻繁に使う場所か?
  4. 自分がよく支払う場所でポイントを効率的に貯められるか?
  5. 自分が審査に通るか?

以前ご紹介したクレジットカードを選ぶ条件を考えて、エクセルを使って表にしてみます。

hajimetecreditcard001

横軸に候補のクレジットカード。縦軸に条件を書きます。一番右の「審査」は、自分が審査に通るか?という意味ですが、「初めて」なのでこの条件はとりあえず考えないようにします。すべて0(ゼロ)を入れています。

情報を調べながら、この表に点数を埋めていきます。公式サイトをまず見るのがおすすめ。絶対的な評価ではなく、あなたのさじ加減で構いません

1)カードを使える場所が多いか?

カードの使用範囲を調べるのは、googleやyahooの検索エンジンではなく、Yahoo!知恵袋OKWAVEなどで「visa 使えない」「JCB 使えない」などのキーワードで検索するのがおすすめ。あ、ここでは使えないんだ。。。という意外な発見があります。たとえば、コストコで使えるクレジットカード、使えないクレジットカードがあるってご存知ですか?

さらに、海外で使うつもりなら、目的地に行ったことのある人に、使えなかった経験がないか聞いてみる。また、自分が普段買い物や支払いををする場所でレジでマークを確認したり、店員さんに聞いてみるのもおすすめです。

使用範囲 管理人が付けた得点
三井住友visaカード VISA 95
JCBカード JCB 90
楽天カード VISA,JCB,MASTERから選べる 100

一般的には、VISA,JCB,MASTERは使える範囲が広いと聞いています。JCBは国内で強いけど海外で使えない場合もあるって聞きますよね。なので、管理人がつけた得点はこんな感じ。重ねて言いますが管理人個人判断の今の時点での点数ですので、あなた自身で判断して点数を入れてください。

2)手数料を公式サイトから確認する

手数料は非常に重要な項目。年会費と分割払いにしたときにどのくらい手数料がかかるのか?の2つをちゃんと把握しておきましょう。

分割払いにしたときの金利手数料って、年換算するとびっくりするぐらい高いんですね。これがクレジットカード会社の利益の源泉の一つなんだとよく理解できますし、1回払いで払うことがいかに大事か?よく分かります。このときの金利手数料は「実質年率」と言うようです。

あなたが、新しくクレジットカードを作るときは「(クレジットカード名) + 実質年率」という検索をして分割払いにしたときに、こんなにお金がかかるんだということを、必ず再認識しておきましょう。

手数料他 実質年率% 参考ページ
三井住友visaカード 80 12~14.75 年会費|クレジットカードの三井住友VISAカード
分割払い|クレジットカードの三井住友VISAカード
JCBカード 90 7.92~18.00% 年会費無料クレジットカード特集|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード
ショッピング分割払いのお支払い方法|クレジットカードなら、JCBカード
楽天カード 100 12.25~15 楽天カード: お支払い方法_分割払いのお支払い方法

何度も言いますが、管理人だったら。。。という条件で点数を記載しています。実質年率は、どこも高くて大差ないので、年会費の高さが注目点かな?と考えました。

3)貯めたポイントは使える場所が多いか?

ポイントが貯まりますよ。。。って言われても、そのポイントってそもそも使える?もっと言うなら、あなたが、普段よく買いものをしたり、支払うものに使えるのでしょうか?

P使用範囲 管理人の意見
三井住友visaカード 20 ワールドプレゼント(というポイント)。このポイントは直接は使えない様子で、ほかのポイントサービスと交換することによってはじめて使える。しかも200ポイントから。200ポイント以上なら3円=1ポイント分キャッシュバックが受けられる。
JCBカード 15 okidokiポイントが貯まる。いくつかの用意された商品と交換もしくは、提携のポイントサービスとポイント交換することではじめて使える。キャッシュバックの仕組みもあるが、サービスによる?など分かりにくい。
楽天カード 100 楽天ポイントが貯まる。楽天市場や楽天トラベルなどでダイレクトに使えて、買えるものや範囲も非常に広い。

管理人の採点では明確に差がでました。貯めたとしても、そもそも交換しなければいけないポイントって、魅力を感じないんですがあなたはいかがですか?何ポイント以上必要とか?交換条件などややこしい障壁がありますよね。基本、そのまま使えるのが一番です。

4)ポイントが効率的に貯められるか?

3)のチェックで大差がついてしまったので、ここはあまり意味がないのかもしれませんが、ポイントが効率的に貯められるか?についても比較してみます。

P貯効率 説明(カードを使用して)
三井住友visaカード 10 1000円(消費税込み)につき1ポイント。
JCBカード 10 1000円(消費税込み)につき1ポイント。
楽天カード 100 100円(消費税込み)につき1ポイント。

採点した表を並べ替えて、あなたオリジナルのクレジットカードランキングを作る

hajimetecreditcard002

点数を自分で評価して点数をつけたのがこの表です。当然、人によって中身が変わってくると思います。

hajimetecreditcard003

エクセルの上部の操作パネル 「並べ替えとフィルター」→「ユーザー設定の並べ替え」を選びます。(表全体を選んでおきます)

hajimetecreditcard004

先頭行をデータの見出しとして使用する。にチェックを入れて、最優先されるキーに「使用範囲」を選んで、順序を降順にします。

hajimetecreditcard005

さらに「レベルの追加」から他の条件も追加して同じように操作します。条件を入れ終わったらOKボタンを押します。

使用範囲 手数料他 P使用範囲 P貯効率 審査
楽天カード 100 100 100 100 0
三井住友VISAカード 95 80 20 10 0
JCBカード 90 90 15 10 0

条件は足すことも引くことも優先順序も変えることができます。大切なのは、人のおすすめランキングではなく、自分オリジナルのランキングが作成できること。また、自分にとって大事な条件を見直したり、デメリット(金利など)を再確認できることにあります。一度エクセルで表にしてみるのがおすすめです。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ