レンタルスペース花見(インドア花見)が、じわじわ人気あり!

春、桜の咲く季節の楽しみの一つ「お花見」。しかし、この時期は意外に寒かったり、人混みがすごかったり、花粉症の時期が重なり、外に出るのはつらい。そこで、花見を屋内でやろう!というレンタルサービスが人気があると、テレビで紹介されました。


広告

インドア花見が新しいお花見のスタイルとしてwbsで紹介されました

春の悩みを解消!? 新たなお花見スタイルとは?(wbs 2018/03/21(水)放送分)

  • 花見の時期には3Kがある。気候、混雑、花粉症。この3Kを避けるべく新しい花見のスタイルは広がりつつある。
  • 新宿の街中にあるビルの1室。部屋の中央には、造花の桜。インドアで花見をする。外は凍えるほどの気温だが、室内なので寒くは無い。キッチンでは餃子作り。すごい楽しい。外ではできないし、こういう場所増えていけばいいなと思う。(使用者談)
  • サービスを手がけるのは、スペースマーケット。遊休スペースをホームページで公開し、場所が必要な人と結びつける。
  • 社長さんは、自由が丘の人気が高いと言う貸しギャラリーを訪問。周りには桜の木が多く、ガラス張りなので外が見える。花見のスペースとしてはうってつけ。
  • 今年、スペースマーケットでは、インドア花見が可能なスペースを700件用意。公開1週間で、100軒以上の予約。
  • 花見で苦痛であった機構などの条件、使い方楽しみ方があると言う気づきを、いろんなジャンルで開発したい。(社長さん談)

室内で造花の花見スタイルだけではなく、桜がきれいに見える部屋などさまざまなスタイルがあるんだなという印象。これはいい!と思ったのは管理人だけではないでしょうね。

ネットではインドア花見のほかに、「花見 レンタルスペース」とか、「エア花見」といったキーワードでも探されているようです。

東京や大阪など都市部のサービスが中心の様子

スペースマーケット | 貸し会議室から球場までレンタルスペース簡単予約

スペースマーケットさんの公式ページ。インドア花見の特集については特集ページも組まれています。

【#インドア花見特集】ツラいお花見、やめませんか?インドア花見スペースの利用で500ポイントプレゼント! | スペースマーケット

今回紹介されたお花見の他にも、ドローン大会のために学校の校舎や、お化け屋敷でのコンパ、銭湯での会議などなどの多彩な提案をして、利用者側だけでなく、不動産を持つ会社や個人の物件貸出側もも注目しているようです。

参考:企業に広がる“空きスペース活用”【ワールドビジネスサテライト】|テレビ東京ビジネスオンデマンド

実際に検索してみると、東京・横浜などの関東近郊と大阪市などの都心部が中心で、地方ではまだあまり物件が登録されていないようです。管理人の住む福岡では見つけられませんでした。

地方では地方の新しいニーズや物件もあるでしょうから今後の展開も楽しみです。

民泊で一軒家を借りるのもありかも

そもそも花見って、「花・桜」を口実にみんなが集まって、語らい、飲食を楽しむことが、本質なのかもしれません。桜は雰囲気が楽しめれば、それで十分ですということなら、レンタルスペース以外にも、いろんなサービスがありますよね。

そう考えれば、最近話題の民泊で一軒家を借りるのも一つのアイデア。女子会を気兼ねなくしたいというニーズに民泊を使う、若い方にはそんな人も多いです。民泊なら、世界的に展開しているairbnbのほかにも、日本の民泊「ステイジャパン」さんもチェックするのがおすすめです。

花見は歓送迎会と時期が重なり、幹事さんにとっては頭の痛い季節

管理人も経験がありますが、お花見って歓送迎会の季節と重なって、幹事さんにとっては頭の痛い時期とも思います。場所取りや後片付けのことを考えると、実際の花見をするより、花見会場に近い飲食店さんを考える人も少なくないと思います。

それを見越して、食べログやホットペッパーでは、歓送迎会にあわせた幹事さん応援特集を出していますので、チェックしてみるのがおすすめです。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ