こんまりさんの片づけ本、読んでみた

konmari001

買いました。「人生がときめく片づけの魔法」。昔から片付けが苦手なんです。っで、ノウハウを教えてくれるものだろう、魔法を知りたいと気軽な理由でした。

著者の「近藤麻理恵」さんは、あなたも一度はテレビで見たことがあると思います。
yahoo画像検索リンク

あー、片付け上手な人なんだな。こういう人最近テレビに出るよね。最初はそんな印象でした。たまたま、仲間由紀恵さん主演のドラマでも放送されて、面白そうだなと思ったのが本を買うきっかけでした。

書かれていることは、とてもシンプル。
まず、いらないものを捨てること。次に収納すること。この2ステップ。しかし、この本の特徴は、収納よりも捨てることにフォーカスして書かれていることだと思います。


google広告

使うであろう「いつか」は永遠にやってこない

家の中にものがあふれて捨てられない理由。その1つが「いつか使うから取っておこう」という理由。しかし、そのいつかは永遠にやってこない。これが、著者の主張です。正直、読んでいてドキッとしました。これは大なり小なり誰でも経験があるのではないでしょうか。

著者は片付けのコンサルティングなどもされるそうですが、お客さんが思い切って捨ててみて後で後悔した。と言われることはないそうです。

モノを捨てる基準は?

とは言え、捨てるものを選ぶって、難しいですよね。
この本には、捨てるものと残すものの基準が、しっかり書かれています。

ときめくか、ときめかないか

ときめき?って、すごく曖昧な基準。字面だけみるとそんな気がします。
でも、この感情の基準ってなんとなく分かりますよね。最初は気に入って買ったけど、なんとなくしっくりこなくて使わなくなったもの。反対に、とても気に入って使っているもの。

その感情で、モノを残すか、捨てるかを決めていいんです。
箱に入ってたら出して、棚にしまってあったら、手に取って、空気に触れさせて、確かめてみる。最初は衣類からやってみることがお勧めというかマストの方法だそうです。

本当に大切なものって何?

著者はかなり大胆に捨てて行きます。背伸びして買ったけど着なくなったコートやバッグ。
いつか勉強するかもと、置いておいた英会話教材。家電の説明書でさえも(ネットで検索すればあるから)

っで、手元に残すものは本当にお気に入りで、使っていると心が安らぐものや、うれしくなるものだけ。実はモノを捨てるという作業で、本当に大事なのは自分にとって、本当に大切なものって何?ということを発見する作業になるそうです。

ここで、モノに対する著者の考え方の一部を本より引用させていただきます。これは、考えていそうで、一歩踏み込んだ発想と言えると思うし、金言だと思います。

モノをたくさん捨てるのは、モノを粗末にしているということではありません。押入れやタンスの奥にしまわれ、その存在すら忘れさられてしまったモノたちがはたして大切にされていると言えるでしょうか? もし、モノに気持ちや感情があるとしたら、そんな状態がうれしいはずがありません。 本当に大切なモノを大切にするために、役割を終えたモノを捨てるのです

片づけとは、あなたにとって本当に必要なものは何かを探す作業

これまでは、向き合わなくちゃいけないことに蓋(ふた)をして、過ごしてきた。そのために、処理されなければいけないものが、部屋に山積して汚くなっていた。それらを一つ一つ処理していくと、本当に必要なものが残った。

今、部屋にあるものはすべてが、自分をときめかせてくれるもの。すべてのものが自分に、どう働きかけているかを自分自身で把握している。 これからは、要らなくなったモノは感謝の気持ちを持って捨てられ、必要なものが自分のために働いてくれている。 片づけとは、そんな自分の空間を作り出してくれる作業なんだ。そんな風に感じています。

本に書いてるあるように衣類から、全部出してときめくもの。そうでないものを選別していきたいと思っています。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ