稲盛和夫さん特集の雑誌から学んだこと

本屋でパラパラと見て、なんとなく購入したこの雑誌、改めてじっくり読んでみたんですが、興味深いし面白いと思ったことがあったので書いておきます。

inamorizasshi001

稲盛和夫のお金の教室
プレジデント 2014/7/14号


広告

夢はいい商品を作ることではない。いい商品を作って必ず利益を上げることだ!

稲盛和夫さんと言えば、京セラ、au(当時のKDDI)の創業者であり、瀕死の状態にあった日本航空の再生に成功された、いわば起業の達人というべき方です。

そんな稲盛さんも普通の起業家の方と同じように夢が大切だと語ります。しかし、その夢は、巷の本に乗っているようなほんわかしたものではなくて、結果として必ず利益を出さなければならない!というとても厳しいものだと、管理人は感じています。

よい商品を出せば利益がついてくるはず。。。ではない。利益に至る過程がしかりしていなければ利益にならない。こう言い換えるべき。そして、それは信念と言えるべき強いものにならなくてはならない。

「こうなればいいのに・・・」という弱々しい希望ではなく、より力強く「どうしても、どんなことがあっても1000万円稼げるビジネスマンになるのだ」という強烈な思い出なくてはならない。寝ても覚めてもいつもそのことを考えているようでなければいけないのだ。

数字にシビアになる

数字に敏感になりシビアになるというのも学ぶべきことだと思います。

以下は、紙面で例示されていた内容です。
一丁10円くらいのお店の利益の豆腐を売ると考えるとします。取引先のスーパーから、値下げを要求されたとします。その時、いくらまでなら値引きに応えられると、即座に言えるでしょうか?普段から材料費は?人件費は?(自分も含めて)。。。としっかり数字が頭に入っていなければいけない。

確かに商売には、損して得とれという側面もあります。でも利益にならなければやっても意味がないとシビアに考えることがとても重要。分かってはいても、普段は忙しさに忙殺されて、あまり考えるのを忘れてしまうのでは。。。

inamorizasshi002

挿絵に掲載されていたこの絵はとても興味深いと思います。
営業部の人は「安く納品すれば受注がたくさん取れる」と、ここで考えが止まっている人がほとんどではないかと思いますが、

コストに見合う高級食材として売り出せないか?安売りに特化して原材料を激安にできないか?製造部と相談すると、自分の考えを営業の人にここまで考えてもらうことが大事。
製造部の人は「こだわりのいい豆腐を作りたいと、ここで考えが止まっている人がほとんどだと思いますが、

利益の出ないものを作っても仕方がない。安い材料を検討できないか?あるいは営業と相談して、高級食材として販売する路線を提案できないかと、自分の考えを製造の人にここまで浸透させることが大事。

仕事にこだわりがあり大事にするのはもちろんだが、それが最後の利益にまでしっかりと反映されるというところまで責任を持つということを、最後の最後までシビアに要求するということが大事!そのためには数字を把握しておかなければならない。稲盛さんは、実学という経営者から見た会計の本を出版されていますが、これは考えを理解するのにとても役に立つと思います。

経営者同士の勉強会で弁当が出された時、稲盛さんは「みなさんはこの弁当の原価がいくらぐらいか分かりますか?」と聞かれるそうです。これも、利益を出すということにこだわる頭のトレーニングの一つなんでしょうね。

部下とのコミュニケーションって?

もう一つ、非常に面白い!と思ったのは、ブックオフの創業者で、今は「俺の」のレストラン展開を手掛けている坂本孝さんのお話です。坂本さんご自身、稲盛さんには多大な影響を受けているとのこと。

部下とのコミュニケーション、フィロソフィと呼ばれる哲学をいかにみんなに浸透させるか?というとき、稲盛さんは「社長として惚れさせてみませんか?」「この社長のためだったら命をかけてもいいと言わせてみなさい」とおっしゃるそうです。

やり方とういか考え方は難しくない。「その人のことを好きになりなよ」とのこと。
「いやあ、前から飲みたかったんだよ!乾杯」「ほら、君の好きな刺身があるよ!食べなよ!俺も大好きなんだよ」「そうなんだよね。もしかしたら悪いこと言っちゃったかもしれない。ごめんね。今度は気を付けるから乾杯しよう」

しまったと思ったら追え。自分の失敗はすぐ謝れ。二度としませんからと言えという。

こういう話って、ミッション・理念の共有とか、まあ学者風に翻訳すればそうなんでしょうけど、結局こういうことなんでしょうね。記事の中で一番重みがあり深みがあるのは坂本さんのお話のような気がしました。

あなたのことが好きだよと伝え、会社はこうあるべきだと思うという考えをぶつけて、みんながそう考えるようになっていく。理屈は簡単だけど、これってすごく難しいような気がします。人って良く見ていますよね。1年365日24時間思い続ける。1秒たりとも気を抜かない。そこまでやって初めて「ああ、この人は本気なんだな」と思ってもらえる。

実は怖い人(管理人の印象)

あなたは、稲盛さんに対して、どのような印象がありますか?大抵のかたは、柔和で穏やかな紳士というイメージだと思います。

しかし、管理人はちょっと違います。実は、一度お会いしたことがあるんです。正確に言うと直接講演を聞く機会がありました。実際の稲盛さんは、それはそれはとてもとても怖い方でした。周りがビリビリと緊張する雰囲気というかオーラがありました。その時の聴講者は、起業家の集まりだったからかもしれません。そのように振る舞うことで、我々に厳しさを伝えてくれたのかもしれません。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ