すでに退職、離職中の転職活動は、転職エージェント、転職サイトの複合利用がおすすめ

会社が倒産した、突然の不況や財務悪化でやむなく退職、離職してしまったというケースがあります。その場合、転職サイト(リクナビNEXTなど)に登録し、求人に応募したり情報収集したりするのはもちろんですが、それに加えてリクルートエージェントなどの転職エージェントサービスを利用するのも必須です。ちなみに無料で利用できます。

情報入手ルートを広げる、離職期間が長くなると転職活動は不利

転職エージェントの利点は、転職活動が思うようにいかなかったとき、軌道修正が素早くできること。さらに、成功も失敗も転職の先輩をたくさん見てきたエージェントのアドバイスを受けられることにあります。

医療機器メーカーの営業職で、次も同じ業界を希望。書類審査は通るのに面接で不合格が続いたケース。気が付けば半年が経過、不安になって転職エージェントに相談。意外な理由で不合格になっていることが分かったケース。

もう一つは、サービス業(アミューズメント施設店長)をしていて退職した。次は営業職をしたいと考えて一人で転職活動したが、どうしても内定がもらえなかった。そこで、エージェントに相談したところ、あるアドバイスをもらって活動方法を見直し、転職に成功したケース。

いずれも管理人がおすすめする、リクルートエージェントの転職成功例失敗例(転職ケーススタディ)に書かれている内容です。ページ下部に特集がありますので、ぜひご覧になってみてください。

ご存知のように、離職期間が長くなると転職は不利になります。かといって、安易な就職先で妥協すると、また次の転職になって悪循環です。時間があるという利点を生かして、転職サイトからも転職エージェントからも情報を入手し、選択肢を広げて、大局的に、しかもスムーズに次のキャリアをスタートさせるのがおすすめです。

あなたがやるべきことに集中する、転職を一人でこなすのは結構大変

転職活動って、実は手間がかかることが意外に多い!というのが、転職エージェントをおすすめするもう一つの理由。

求人や会社の内容確認(ブラックかどうか)、応募書類作成や、面接試験の用意まで、やることがたくさんあります。それに加えて、普段のお仕事もやるとなると、大変どころでは済まないですよね。

そこで、本来あなたがやるべきことを優先させるために、転職エージェントを利用しましょう。料金は採用する会社側の負担なので、申込するあなたにはお金がかかりません。

管理人のおすすめはリクルートエージェントさん、求人数、実績数も多い有名エージェントです。

感謝:写真はぱくたそフリー写真素材さんから引用しました。素敵な写真をありがとうございます。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ