残業しないで残業代や手当ががもらえる会社が出てきている。転職の会社選びの参考になりそう

残業が多く体力的にも大変だし、ワークライフバランスを改善したい。そこで転職を考えていると言う人に朗報。世の中に追い風に吹いています。


広告

残業をしないと報奨金が出る会社がある?

残業をしなければ早く帰れるのはうれしいけど、収入のことを考えると喜んでばかりもいられない。これは本音だと思います。残業をしなかったらその分報奨金を出しますという積極的な会社があります

はたらく:残業しない社員に「報奨金」毎日新聞(2017/7/17)

以下、管理人が上記記事を見てまとめた内容。

紳士服でおなじみの「はるやま」では、残業をしなかったら月1万5千円。残業をした場合でも、残業代とあわせて1万5千円なので、残業しないほうがお得という仕組みを作ったそうです。さらに、店内作業を効率化してより接客に時間を費やす仕組みづくりをした。おかげで、残業が15%削減、売り上げも前年よりよかったとのこと。

モーターの開発製造販売の「日本電産」では、減らした残業代の半分を正社員に還元(管理職を除く)、さらに半分を社員研修費用にあてているとのこと。(英語力向上のため)海外展開をにらんでのことだし、スキルアップができる環境は社員さんにとってもプラスですよね。

三菱地所プロパティマネジメントは、残業代削減分を夏冬のボーナスに還元しているとのこと。全社員が対象でワークライフバランス特別手当としたそうです。

本気で残業削減を考え、ワークライフバランスの改善に積極的なことが分かります。3社とも、公式ページから中途採用求人を出しています。(2017年07月現在)社会的風潮として広まりつつある今、残業時間について会社が取り組んでいることを知ることは、転職先として魅力的であると言えそうです。

会社の内容を把握するためにもアドバイザーが欲しいところ

転職でよくあるトラブルの一つとして、最初に聞いていた条件と違うというのがあります。残業を減らす取り組みは、マスコミにも取り上げられやすくて、一見華やかですが、実際行われていることは、ちょっと違うなんてことがないようにしたいものです。

そこで、企業のへの直接応募や転職サイトのほかに、アドバイザーとして転職エージェントを利用するのがおすすめ。実際に企業とのパイプも持っていますし、何なら先にその会社に転職した先輩の情報なども教えてもらえます。

管理人のおすすめはリクルートエージェント。大手で実績もある企業。

転職ケーススタディという実際例の中で、ワークライフバランスを改善するための転職に成功した先輩の例がありますので、参考になります。

あなたがやるべきことに集中する、転職を一人でこなすのは結構大変

転職活動って、実は手間がかかることが意外に多い!というのが、転職エージェントをおすすめするもう一つの理由。

求人や会社の内容確認(ブラックかどうか)、応募書類作成や、面接試験の用意まで、やることがたくさんあります。それに加えて、普段のお仕事もやるとなると、大変どころでは済まないですよね。

そこで、本来あなたがやるべきことを優先させるために、転職エージェントを利用しましょう。料金は採用する会社側の負担なので、申込するあなたにはお金がかかりません。

管理人のおすすめはリクルートエージェントさん、求人数、実績数も多い有名エージェントです。

google広告

コメントを残す

*

このページの先頭へ