キャッシュレス決済って日本ではなかなか普及が進まないですし、まだ使ったことないという人も少なく無いのでは?地方に住んでる管理人は、周りに使っていない人もいますし、正直必要性は感じていません。

しかし、2019年10月の消費税増税時には、使っていないとポイント還元を受けられません。また、便利な面も少なくありません。そこで、キャッシュレス決済の便利な点や気を付けるべきことをまとめてみました。

自分がよく使うお店で支払いができるかを確認する

どのスマホ決済を選ぶか?で一番大事なのは、あなたがよく買い物するお店で使えるか?を確認するです。

お店によって使えるところと使えないところがあります。あなたがよく使うお店で、その決済手段が使えるかどうか確認しましょう。調べるちょっとしたコツですが、お店のサイトを見るよりも、キャッシュレス決済会社のサイトを見るほうが情報をつかみやすいです

PayPayとLINE Payは、あなたの現在地近くの使えるお店を地図上で一発表示できる機能をアプリで使えます。これは便利で、ぜひ他の会社さんも真似してほしいところ

LINE Payが使えるお店をチェックする

Line Payが使えるお店情報です。激しく拡大を推し進めていますので、自分のよく行くお店で使えるかチェックしましょう。ちなみに、LINE PAYアプリから現在地近くの使えるお店を地図上に表示することができて便利です。

PayPayが使えるお店をチェックする

PayPayが使えるお店情報です。一番使えるお店の数は種類が多いと感じています。PayPAYアプリから現在地近くの使えるお店を地図上に表示することができて便利です。

メルペイが使えるお店をチェックする

メルペイが使えるお店情報です。iDが使えるお店なら使えますが、還元ポイントが得られるかチェックしましょう。

[体験記]マクドナルド、セブンイレブン両方で使えるメルペイを導入してみた

メルペイをダウンロードして使ってみました。LINE PayPayPay がやっぱりメジャーで、最初はこの2つから入れてみようか?と思ったんですが、自分が買い物や支払いをするお店が多いのはどこか調べたところ、メルペイが当てはまったのでメルペイをダウンロードすることにしました。

メルペイをダウンロード(au iphone)、銀行登録してidで買い物(決済)してみた (損しない.com 2019年07月18日)

その他のスマホ決済が使えるお店をチェックする

その他のスマホ決済が使えるお店情報です。勢力地図が塗り替えられたら、いつでもそちらを導入できるようチェックしておきましょう。

チャージ方法を確認する

スマホ決済できるようになるため入金する(=チャージ)方法がいくつかあります。

  1. 銀行口座と結び付けてお金を入れる方法
  2. コンビニなどで直接入金する方法
  3. クレジットカードから入金する方法
チャージ方法が自分とあってないと使いにくいです。

[体験記]PayPayをセブンイレブンATMで入金してみた

セブンイレブンATM入金は手軽に利用できる点で便利です。やり方もすごく簡単です

PayPayを初期設定、コンビニ入金(セブンイレブンATM)、コード払いしてみた (損しない.com 2019年08月07日)

[体験記]地元の福岡銀行と連携してチャージしてみた(メルペイにて)

メルペイのチャージの方法は、メルカリで売り上げを上げるか、銀行口座からチャージするかのどちらかです。登録できる銀行は決まっていますので、自分が使っている銀行があるかチェックが必要です。管理人は福岡銀行を使っていますので、福岡銀行を登録しました。

メルペイをダウンロード(au iphone)、銀行登録してidで買い物(決済)してみた (損しない.com 2019年07月18日)

ポイント還元をチェックする

スマホ決済を普及させるため、ポイント還元キャンペーンがたくさん行われています。上手に利用してお得に利用したいところです。スマホ決済はたくさんありますが、LINE Pay、PayPay、メルペイが比較的キャンペーンが多いと感じています。

LINE Payの還元情報をチェックする

LINE Payのクーポンが一番使いやすいと個人的に感じています。というのも、クーポンを見せると支払額そのものが少なくなるものが多いので。これからも還元情報が出てくると思われるので、要チェックだと思います

PayPayの還元情報をチェックする

PayPayは還元セールを積極的に行っているので、ニュースはチェックしておく必要があります。ただし、PayPayは通常に支払いをして、還元は翌月の20日といったタイムラグがあるので、同じような還元があればLINEやメルペイを先に使うことを考えたほうが良さそうです

メルペイの還元情報をチェックする

メルペイも比較的還元セールが多いので、条件が合えば使っています

その他のスマホ決済の還元情報

上述のスマホ決済以外にも、楽天Payや携帯キャリアの決済など多数あります。お得な還元情報があればチェックしておきたいところ

安全性は大事。セキュリティで気をつけたいこと

セブンイレブンのセブンペイが、サービス開始時点でセキュリティに問題が見つかったのは記憶に新しいです。パスワードの再設定方法や二段階認証などに不備があったようですが、なかなか素人には判断がつきにくいです。

さらに、「d払い」、「auかんたん決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」の大手三社のキャリア決済は何もしなくても買い物上限は高く設定されていて、これを悪用した詐欺も報告されています。

そこで、1)新しいサービスはすぐ飛びつかずに様子を見る 2)ニュースなどをよくチェックしてセキュリティに問題がないか目を光らせる 3)必要以上の金額をチャージしない などの対策が考えられます。

d払い、PayPay、LINE Pay、メルペイは「補償」を規約に明記

d払い、PayPay、LINE Pay、メルペイなどのスマホ大手決済サービスが、第三者による不正利用時に補償すると規約に明記しています。これは嬉しいですね。ただし、何日以内に報告するなど条件がありますので注意です。利用者に重大な過失があればこの限りではありません。補償についての規約チェックは大事になりそうです。

  • PayPay・・・ユーザーの銀行口座情報やクレジットカード情報が第三者に盗まれ、不正利用された場合、原則として同社が被害額の全額を補償する。PayPayを利用していない人の銀行口座情報が流出し、第三者のPayPay残高に不正にチャージされた場合など、非ユーザーが被害に遭った際も補償する。
  • LINE PAY・・・「不正利用時の被害額を補償する制度を導入している」と公表している。この制度では、補償を希望するユーザーは被害から30日以内に申し立てること、他人にパスワードを教えた場合は補償対象外になること──などと適用条件を明文化
  • d払い・・・d払いなどの利用者が不正被害に遭った場合、これまでは個別対応で補償していたが、8月28日からは、原則として被害額の全額をドコモが補償する。8月27日以前に発生した被害についても同様に対応する。ただしユーザーの故意による、または重大な過失があった場合は、補償しない場合がある。 なお、d払いにクレジットカードを登録した状態で不正利用された場合は、クレジットカード会社の規約や話し合いに従って補償する形になる。
  • メルペイ・・・8月15日に利用規約を改訂し、不正利用時の被害額を全額補償する方針を明記した。規約では、ユーザーは被害を受けた直後に、メルペイへの報告や警察署への申告などを行えば、被害額の補償を請求できると説明している。
参考:ドコモ、「d払い」の不正利用で全額補償へ 利用規約を改定 - ITmedia Mobile(2019/8/29)

PayPay、不正利用時の被害額を「全額補償」 利用規約に明記 (ITmedia NEWS 2019年08月28日)


スマホ決済(キャッシュレス決済)を使う上で、まず自分がよく使うお店で使えるのか?入金方法(チャージ)のやり方を知ることが大事。さらにその上で、還元情報、安全情報が大事です。当記事では、自分が調べて「これ」使える!という情報を書いています。注目しているスマホ決済は、LINE Pay(ラインペイ)、PayPay、(ペイペイ)、メルペイ、楽天ペイ、au pay、セブンペイ、ファミペイなどです。

広告