2019年10月から消費税が8%から10%に増税予定です。今回は、軽減税率(8%のまま据え置き)や還元ポイント制度もあって、ちゃんと知ってないと損しないと言えます。(2019年8月)

現金はダメ!キャッシュレス決済でポイントを。さらにお店選びもめちゃ大事!

現金での支払いは損。キャッシュレス決済を使いましょう。なぜなら最低でも2%、最高では5%還元されるから。還元率の違いは、どのお店で買うか?です。中小店なら5%、チェーン店、大型店は2%。繰り返しですが、現金払いならポイントは全くつきません。

5%還元のお店にはマークが付きます。キャッシュレス・消費者還元事業(経済産業省監督)

キャッシュレス決済利用で5%還元されるお店マーク

ついにマークが発表されましたね。これは分かりやすい!経済産業省監督のキャッシュレス消費者還元事業の公式ページから確認できます。10月からの消費税増税以降、キャッシュレス決済で、ポイントによる還元があります。上記マークがあるお店(中小規模のお店)なら5%、フランチャイズなどの大規模なお店でも2%のポイント還元があります。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援します。本支援を実施することで中小・小規模事業者における消費喚起を後押しするとともに、事業者・消費者双方におけるキャッシュレス化を推進します。

キャッシュレス・消費者還元事業 (一般社団法人キャッシュレス推進協議会 )

どのキャッシュレス決済を選べばよいか?

キャッシュレス決済は様々ありますが、以下の順序で考えると自分に合うサービスが分かります。

  1. 自分がよく使うお店で使えるか?
  2. 入金(チャージ)方法が自分とあっているか?
  3. ポイント還元がよく行われているか?
管理人は、自分に合うサービスとしてメルペイを導入して使ってみました。やり方や感想なども書いていますのでご参考に。(メルペイをダウンロード(au iphone)、銀行登録してidで買い物(決済)してみた
ちなみにPayPay楽天ペイLINE Payなども有名どころです。

スマホ決済を使う上で知っておきたいこと、まとめてみました。 (損しない.com 2019年07月26日)

8%のまま(軽減税率)税率が上がらない商品を知る

軽減税率について、どんな場合が8%になるのか国税庁がQ&Aを出しました。200問もあるといって、その複雑さが話題になっています。
基本はお酒以外の食料品は8%。レジで、「ここで食べますか?」「持ち帰りますか?」と聞かれて、前者は10%。後者は8%になると考えてよさそう。基本は持ち帰るということになりそうです。

軽減税率で国税庁がQ&Aを提示。利用者側はレジでは「持ち帰り」というのが基本になりそう

消費税増税の軽減税率実施を前に、主に販売店側に向けたQ&Aが国税庁のホームページに掲載されています。ファストフードでセットメニューを注文。ドリンクだけ店内で飲んだ場合など、ありそうな事例が紹介されていて、一度目を通すのがおすすめです。

消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) (国税庁 )

マイホームの契約が2019年3月31日までなら、引き渡しが10月1日以降でも消費税は8%

マイホームの引き渡し日が10月1日以前?以降?は消費税が違うので悩ましいところですが、3月31日までに契約されていれば経過措置が適用されて消費税は8%のままなんですね

平成31年3月31日までに契約を締結していた工事の請負等であれば、引き渡しが平成31年10月1日以降となっても、消費税率が8%に据え置きのまま

2019年10月、消費税が10%に上がるときの注意点! (All about 2019年08月31日)

「子育て世帯(0歳~2歳児)」および「住民税非課税世帯」はプレミアム付き商品券

内閣府に公式サイトが出ていて、購入対象者や割引率について公開されています。DV避難者への対応や配慮もしっかりなされています。市町村が主体で、まだ使えるお店などの発表は、これからの情報に注目です

住民税非課税世帯と乳幼児がいるご家庭は、プレミアム付き商品券が買えます。(2019年10月予定)

住民税非課税者(2019年1月1日時点で)。乳幼児がいる子育て世代(2016年4月2日から2019年9月30日)までに生まれた、2万5千円の商品券が2万円で購入できます。全国の市区町村が発行するので、どこで使えるのかはこれから確認する必要がありあそう
消費税率10%への引上げが家計に与える影響を緩和するとともに、地域の消費を下支えするため、プレミアム付商品券事業を実施します。 全国の市区町村が、対象となる方々に対して、25%もお得にお買い物ができるプレミアム付商品券を発行・販売します。

プレミアム付き商品券 (内閣府特設ページ )

自動車税引き下げ(2019年10月以降に新車登録した場合)

内閣府の公式サイトが出ました。自動車の買い控えを減らすために、10月以降に買った(新車登録した)車は自動車税引き下げがあります。ただし、軽自動車の減税はありません。排気量に応じて年最大4500円を軽減。
自動車取得税に変わって、環境性能割になり、燃費のいい車ほど割引になる。こちらは軽自動車も含みます。エコカーの税負担はあまり変わらない。それ以外の車は増税という印象です。

自動車取得税の名前が変わり、エコカーだと少し安くなるかも

自動車取得税が環境性能という税に変わり、10月から名前の変わった税金がエコな車ほど安くなります。
令和元年10月、クルマの税が大きく変わります! (自家用乗用車に限る) 変更点のポイントと減税額イメージ(注)をわかりやすく動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

令和元年10月 変わります!クルマの税 [CHANGE CAR TAX] (内閣府特設ページ )

住宅ローン減税の延長(2019年10月以降に引き渡しの場合)

2019年10月以降に引き渡しの場合、住宅ローン減税を受けられる期間を現行の10年から13年に延長。(読売新聞 4月1日朝刊 「景気下支え 政府全力」より)

消費税増税後も支援策はあり、住宅購入を考える人は一読必須

新築住宅、仲介手数料、不動産会社などの住宅事業者が販売する中古住宅には消費税がかかるけど、土地、個人が売主の中古住宅には消費税がかからない。消費税率10%になるのは、契約日と引渡し日のどちら? など一読しておいたほうがいい知識あり。政府広報なので、増税後でも安心ですよという内容であることを頭に入れておきましょう
2019年10月1日に、消費税率が10%に引き上げられます。住宅の購入を検討されている方は、少しでも支出を抑えようと、消費税率が8%のうちに購入したいとお考えかもしれません。しかし、消費税率引上げ後の住宅取得にメリットが出るよう様々な制度が用意されています。

マイホーム購入を考えている方、必見! 消費税率引上げ後の住宅取得にメリットが出る。4つの支援策を用意! (政府広報オンライン 2019年02月15日)

詐欺に注意!消費税増税時には必ず出てくると予想されます

時代の節目をねらった詐欺は100%起こると考えて間違いないと思います。消費税還元のために、クレジットカードが使えなくなるので返信用封筒に入れて暗証番号を送ってくださいあなたは対象なので、先に100万円還元しますのでATMで操作してくださいなどなど。

思ってもみない詐欺電話が、役所、警察、弁護士、息子さん(もちろんいずれもニセモノ)などからかかってくることが考えられます。ご両親とは、普段からコミュニケーションをよくとって詐欺対策をしておきましょう。


消費税が10%になる10月までに買っておいたほうがいいもの。消費税が上がらないものは何か?還元ポイントを得るために、どのスマホ決済を利用するか?プレミアム付き商品券などの情報についてまとめています。

広告