血圧が高いって何がいけないの?素人の視点から調べて自分用にまとめてみた

お医者さんに行くと、血圧が高いので注意しないといけないですよ!とよく言われます。でも、体のどこも痛くもかゆくもないのに何がいけないの?と思います。そこで、素人なりに調べて素人の言葉で自分なりにまとめて自分用に備忘録にしたんです。

血圧が高いと血管を傷めて、脳や目、腎臓の病気になりやすい

参考にしたのは以下の3つのサイト、welqの問題もあったので情報源って大事ですよね。

以下、管理人が勉強して自分なりに解釈したこと。上記のサイトから、そのまま引用した文章もあります。

  • 高血圧は、上が140mmHg以上、下が90mmHg以上
  • 血圧高い=血管の内側に負担をかけたり、傷めたりする、これが血管を詰まらせたり、さらに血管を傷めたりする原因。
  • 血管がたくさんある部位に病気が多くなる。脳(梗塞など)、目(網膜)、腎臓、心臓など
  • 塩分、肥満、アルコール、喫煙が生活上に特に注意したい4大点
  • 体内の塩分が上がると細胞の水分調整の過程で血圧が上がる。また、血管を収縮させるホルモンにも作用して、また血圧が上がりやすくなる。
  • アフリカのマサイ族や南太平洋のフィジーの人々など未開の地では、塩分摂取が少ないので、高血圧の人はほとんど見当たらない。
  • 動物に食塩を多く含むエサを与えると高血圧になる。
  • 肥満になり脂肪細胞が肥大化すると分泌物が出てきてこれが血圧を上げる作用をもたらす。

管理人は理屈っぽいので、運動しているときに、「あー今肥満細胞を減らしているんだな~」とか、塩分を少し減らしたせいで細胞が少し健康になったな~と感じることができるだけでも、少しモチベーションが上がります。あなたはいかがですか?

コメントを残す

*

このページの先頭へ